ショートステイなどの短期入所に関する情報サイト

認知症カフェでは何ができる?

認知症カフェとは、地域に住む認知症の本人とその家族が集まってお茶をしたり、交流して情報交換ができる認知症サロンのような場所ですが、利用者を限定していないため地域住民やボランティアなど一般の人も参加する事ができますよ。

もともとオランダで始まったアルツハイマーカフェがモデルであり、日本でも2015年から普及して全国に広まっていますが、オレンジカフェと呼ばれる事もあるそうです。

認知症カフェに参加する事によって、認知症の本人や家族が孤立してしまうのを防いだり、レクリエーションが楽しめたり、日頃の介護のストレス軽減や悩みの共有、介護に関する相談ができますよ。

大抵の場合は数百円程度で参加できますので、気になる方は自治体のホームページで認知症カフェの場所を探してみると良いでしょう。

関連記事