要介護認定とは

介護サービスを受ける上で、要介護の認定が必須になっていますが、具体的にどのようなものなのか知っていますか。

介護保険を利用する上で必要不可欠な認定であり、65歳以上か40歳から64歳までの特定疾病の方のみ認定が受けられます。

介護が必要かどうか、どのくらいの程度が必要なのか、市町村の認定審査会により判定され、要介護度によって利用できるサービスの内容や支給金額にも違いがあるのです。

要介護度は1〜5まであり、要支援は1〜2、介護サービスを利用できないと判定されれば非該当と認定されます。

要支援の場合には日常的な生活動作はほぼ自分で行うことができますが、何らかの支援が必要な状態であり、要介護の場合には、日常生活の動作を行う能力が低下しているため介護が必要ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事