小規模多機能型居宅介護とは?

小規模多機能型居宅介護とは、1つの事業所がデイサービス、訪問介護、ショートステイの3つの介護サービスを提供している形態のことを指します。
これら3つの介護サービスが受けられるメリットとして、同じ事業所のスタッフが対応していることから、どのサービスを利用しても利用者の情報共有がスムーズに行なえる点が挙げられます。

また、地域密着型のサービスであることから、施設と異なる市町村に住んでいる場合は利用できませんので注意しましょう。
利用する方にとっても慣れ親しんだ土地と施設で臨機応変なサービスが受けられるのは、安心していただけると思います。

非常にメリットの多い施設形態ですが、もちろんデメリットもいくつか存在しています。
例えば利用する場合には事業所に所属しているケアマネージャーがケアプランを作成することになるため、今までのケアマネージャーから変更しなければなりません。
また、サービスの一部に不満があったとしても、そのサービスだけ別の事業者に依頼するということが出来なくなってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事