旅行に行くのにショートステイは利用できる?

ショートステイ等は一時的に在宅介護が難しくなった時に、最大30日間、短期入所を受け付けている施設にお世話をお願いするサービスです。

認められるケースとしては介護者の心身の状態が不安定、または虚弱化した時、病気や冠婚葬祭、出産、出張などが発生した時、身体的・精神的負担を軽減する為に休養が必要となった時となります。
最後の家族の休養が必要になった時というのは特に重要で、他の理由はやむを得ない場合であるのに対し、この理由は家族が精神的・身体的に健康である為に必要であるとして、単なる旅行が目的でも認められることが多いです。

これらは近年問題にもなっている介護虐待、特に多い介護放棄を防ぐ為にも重要であると考えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事