ショートステイを分かり易くご紹介

ショートステイとは、連続30日以内の短期間に限り施設に泊まって利用することの出来るサービスです。
厳密には31日目以降も利用できることがありますが、31日以降の利用料についてはやむを得ない理由を除き全額自己負担となります。
特別養護老人ホームや介護老人保健施設等で行なわれていることが多いサービスで、介護する方の負担軽減が目的として広く認識されていますが、他にも被介護者の方の引きこもりを解消する役割も持ち合わせています。

デイサービスの中にも似た宿泊サービスを行なっていることがありますが、そちらは保険適用外でショートステイとは別のサービスになりますので、混同してしまわないように注意しましょう。

利用を考えるときは担当のケアマネージャーに相談し、一緒に施設を選んでいくのが一般的な流れとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事