レスパイトケアとは?

近年日本人の介護業界にも浸透し受け入れられてきているのが、レスパイトケアです。
元はアメリカで一般的に考えられていたケアで、レスパイトとは英語で「休息」「息抜き」という意味を指しており、日頃介護をしているご家族が一時的に介護から解放されて休む時間を取るためのケアの総称で、要介護者向けのケアではなく介護者向けのケアである点が特徴的となっています。

現在のレスパイトケアサービスとして一般的なのがショートステイ、そして外出援助などでしょう。
上記2点は介護保険が適用できるサービスですが、近年では介護保険外で利用できる独自のサービスも増えてきているようです。

高齢者の介護だけではなく、障害者、難病患者の介護に対するレスパイトサービスもまた別に用意されておりそれぞれに特徴があるため、より利用しやすくなってきています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事