ショートステイの基礎知識

ショートステイとは老人ホーム等に正式に入所するのではなく、決められた短期間の間だけ特養や老人ホームに入所してサービスを受けるサービスとなります。

ショートステイを利用する目的は、冠婚葬祭や出張、病気などで暫くの間自宅で介護できない状態になってしまった時、または特に用事がある訳ではないが少し休みたいとなった時に介護者の負担を軽減することです。
1つ注意しておきたいのが、ショートステイを利用する理由のほぼ全てが介護者の都合となってしまうため、被介護者の方が嫌がるケースが非常に多いです。

そうした被介護者を見て介護者の方は罪悪感を感じてしまいがちなのですが、長く自宅で介護をしていくのなら、毎月1週間だけでもショートステイを利用して介護者の休憩時間を用意することも重要になってきますので、そこは割り切る勇気も必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事