認知症の高齢者へ、どんな声がけが良い?

認知症の方に対して、どんな声がけを行うのが効果的なのでしょうか?

退屈にしている方に対して声をかける時には、介護初心者だと「やりたい事はないですか」と聞きがちですが、この質問は言葉にしたり考えたりする事が難しいので、「〜しませんか」と具体的に聞く事によって、相手も答えやすくなるのだそうです。

食事の時には、介護初心者は「ご飯がきました」と伝えがちですが、認知症の方は時間の感覚が分からなくなっている事が考えられるため、いつのご飯がきたという事を具体的に伝えた方が良いのです。

もし施設にいる利用者が家に帰りたいと言い出したら、「元気になったら帰れます」という返答は未来のイメージが難しいという事ですから、「帰りたいですよね」と鸚鵡返しにしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事