短期入所生活介護ってどんな施設?

短期入所生活介護は在宅介護を受けている人を対象としているショートステイの介護サービスであり、利用者の心身機能の維持を目的としているだけでなく、介護による家族の負担を軽減させるための支援でもあるのです。

ショートステイには3つのタイプがあり、単独型はショートステイのサービスを単独で運営していますが、併設型は特養などの他の施設に併設して運営していて、空床利用型は特養など空いているベッドを活用してショートステイを行うのです。

スタッフは介護職員や生活相談員、医師や看護師、栄養士や機能訓練指導員などが勤務しています。

連続してショートステイを4日以上も利用する場合には、ショートステイの介護計画を立てる必要がありますが、作成者はケアマネージャーではなく管理者になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事