同性介護って何?

同性介護はその名称の通り、高齢者と同性の介助者が介護を行うという物ですが、主に介護現場では排泄介助や入浴介助など、高齢者の尊厳を守られるべきという場合に同性のスタッフによる介助が行われるという事なのだそうです。

高齢者は年を重ねたとしても人に体を見られる事に抵抗感を感じたり、恥ずかしいと感じる人もいますから、これは要介護度や認知症などに関わらず、人の尊厳は大切されるべきという考えがあるための現場の心得だと言われていますよ。

高齢化に伴い同性介護が難しい場合もあるそうですが、同性介護を行う事によって利用者である高齢者だけでなく、その家族も安心できますし、介助を行うスタッフも同性介護だとハラスメントなどを気にせずスムーズにできるのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事