介護の基本、覚えておくべき介護用語とは

高齢者が介護保険制度を利用するためには、要介護度の認定を受ける必要がありますよ。

要介護1は杖歩行ができるレベルですが、要介護3は車椅子で移動するレベルになり、要介護5は重度の認知症や寝たきりという人が該当するそうです。

介護の施設にも複数の種類があり、特別養護老人ホームは常時介護を必要としている人が入所する施設ですが、介護老人保健施設は要介護認定を受けた人が在宅復帰を目指して機能訓練などを行うことができる施設です。

短期入所は普段は自宅で生活していますが、1習慣から2週間は介護のサービスを受けたいという人が利用できるサービスであり、訪問介護は文字通りホームヘルパーが利用者の自宅に通って介護のサービスを提供しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事