高齢者の内出血や皮剥けを防ぐ方法

高齢者は車椅子で内出血や皮剥けなどの怪我をすることがありますが、それを防ぐための方法がありますのご紹介いたします。

アームレスト下のネジが出っ張っている場合には、腕を内側から引き抜く際にネジと接触して内出血を起きやすいので、市販か手作りのアームレストカバーを取り付けておくことにより怪我を防ぐことができるのです。

フットレストの内側はベッドや椅子への移乗の際に、足と接触して怪我してしまうことが考えられますので、フットレストにもカバーを取り付けて安全な移乗を行いましょう。

指に上手く力を入れられないという高齢者は、ハンドリムを上手く漕ぐ事ができず、車輪と手がぶつかって内出血をが起きやすいので、ハンドリムにホースなどを巻きつけて太くして持ちやすくすると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事