ADLって何?

介護では様々な専門用語が出てきますので、今回は基本的な用語であるADLついてご紹介いたします。

ADLとは日常生活動作のことであり、食事や入浴、トイレや着替え、歩くなど日常生活をおくるうえで必要な基本的な動作のことを意味していて、介護のサービスを利用するための一つの指標とも言えます。

IADLとは手段的日常生活動作のことであり、買い物や電話、洗濯や乗り物に乗る、金銭や薬の管理など、ADLよりも複雑な動作のことを意味しています。

現場では、利用者さんのADLが自立している・ADLが改善した・リハビリでADLを向上させるなどという風に使われている言葉です。

ADLが自立しているということは、日常生活にも支障が出にくいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事