ショートステイの利用制限

特養などの長期的に介護を行なってくれる施設に入居させたいという方に対し、施設の数が足りない状況が続いています。
そこで注目を浴びているのが一時的に利用できるショートステイで、中には特養の代わりのように使っているケースも多いようです。

しかし、長期間利用していると”ショートステイ”じゃないということで、ショートステイには継続して30日を超えて利用してはいけないという決まりがあります。
ならば30日預けたあとに1日だけ家に帰ってまた30日預かってもらう、ということも出来てしまいますが、これにはもう1つ条件が必要になります。

その条件とは、「30日連続を超えない場合でも、利用日数の合計が認定有効期間の半数を超えないこと」というものです。
つまり、通常1年の認定有効期間の内、日数が6ヶ月を超えてショートステイを利用することは出来ません。
先ほどのように30日預けて、またすぐ30日預ける、という利用の仕方だと、認定有効期間の半分である6ヶ月分を丁度6ヶ月ほどで使い切ってしまうので、残りの6ヶ月はショートステイが利用できなくなってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事