ショートステイのサービス内容

ショートステイは数日から1ヶ月程度までの短期間の間だけ施設に入所し、日常生活の介護や機能訓練などの生活を送るサービスのことです。
家を空けなければならない用事が出来てしまった時など、自宅で介護することが一時的に難しくなる場合に利用できます。
また家族の介護に対する負担軽減を目的にしているため、「疲労が溜まって少し休みたい」という時でももちろん利用可能です。

費用は要介護度や施設によって変わりますが、大体1日3,300円程度が相場となっております。
期間に関しても要介護認定期間が関係してきますが、連続して利用できるのは30日程度です。
しかし、例えば介助者が体調を崩して入院が長引いている場合などのやむを得ない場合には例外が認められることがあることも覚えておきましょう。

ショートステイは被介護者、介護者双方に大きなメリットがあるサービスですので、万が一の時にはすぐに利用できるように身近にどのような施設があるか確認しておくのも良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事