短期介護とは?

介護とひと括りにいっても、介護の種類はとても多いですよね。今回は短期入所生活介護(ショートステイ)について紹介いたします。

短期入所生活介護とは、短期間(数日~最大30日)入所して排泄や食事、入浴等の介護を受けるのです。
数日家を空けなければならないことや介護者が体調を崩してしまった等のことがあった場合、自宅でも介護が一時的に困難な場合でも、安心して介護が必要な方を預けることができるのです。

この系統の介護施設には種類があって、単独型・併設型・空床利用型があるそうですよ。基本的に定員は20名以上だそうですので、少し多くないといけないそうです。
利用者様はレスパイトの方、一人暮らしでも良いそうですので、自由がきくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事